夏休みには宿題がある。ドリルや日記は普段の宿題が一まとめになって出されたような
ものだが、「長い休みを利用して普段できないことをしてみましょう」といったものもある。
中学生になると勉強を主目的とした宿題が中心になるが、
小学生の間は自由研究であるとか朝顔の観察であるとか、そういったものが多い。
みのりはどちらかというとそちらの方の宿題が好きなので、
あまり苦ではなかった……が、何を自由研究の題材にしようか、とりかかるまでに
あれこれ悩むのは他の子たちと変わらなかった。

「自由研究という名前なら、好きな事をすればいいじゃないの」
いつものように薫に相談すると冷静な答えが返ってくる。
「う〜ん……好きなこと……去年はコロネのぬいぐるみを作って出したんだけど……」
「ふうん」
「今年はちょっと違うのにもしたくって……お絵かきしようかなって思うんだけど」
「そうすれば?」
「何描いたらいいのかなあ」
「好きなものでいいじゃない」
「う〜ん、せっかくだから何か夏っぽいもので、普段だと中々描けないようなもので……」
「いらっしゃいませ」

最近のPANPAKAパンには人手が余っている。咲に加えて舞、満と薫、みのりまで毎日
手伝っているからで、お客さんよりも店員の方が多いのは常態になっていた。
正規のアルバイトであれば少し人数を減らすことを考えていい状況ではあるが、
娘たちが手伝いつつお喋りをしつつ楽しんでいるのが良く分かるので咲たちの
両親も、何も言わない。人数が多いからといって無駄話ばかりしてお客さんへの対応が
おろそかに、ということもないのでむしろこの状況を喜んでいた。

「それなら、少しお出かけしてみる?」
お客さんに薫を取られたみのりに舞が話しかける。
「え? どこに?」
「いい場所、見つけたの。明日にでも」
「本当!? 舞お姉ちゃんすごーい!」
「舞〜、いつもごめんナリ〜」
「ううん、私も誰かと一緒に絵を描きに行きたいと思っていたから」
と、いうことで。
「薫お姉さんとも一緒がいい!」
という希望もあり、翌日は咲と満が店に残り、舞と薫とみのりがお出かけすることになった。

-------------------------------------------

「満はいいの?」
「何が」
いつもより少し広く感じられる店内。まだ誰もお客さんは来ていない。
「本当は薫と一緒に出かけたかったんじゃない?」
「別に。いつも薫と一緒にいたって仕方がないわ」
「それはそうかもしれないけど」
――クールだなあ、相変わらず。
咲から見ると満と薫の関係はどこか不思議である。
世界に二人きりで生きていくと決意していたような二人。
しかし互いに寄りかかることなく、べったりともたれかかることなく、
適当な距離感を維持している。

「いらっしゃいませ、あ、こちら140円です!
 お買い上げありがとうございます!」
PANPAKAパンには今日もお客さんがぱらぱらと入り始めている。

――寒い……?
接客する咲を横目に見ながら、満は自分の身体の異変に気づいていた。
寒い。鳥肌が立つ。しかし寒いはずがない。
今は夏であるし、空調もそんなに強くかけてはいない。
――違う、暑いんだ……
矛盾してる。満は思った。身体の内側から熱がこみ上げてくる。
しかし寒気は去らないまま、満は熱さと寒さを同時に抱え込んでそのまま――倒れた。

「満っ!?」
「満ちゃん!?」
咲と常連客の声が満の耳に届く。


「もう、満ってば〜」
満はとりあえず咲のベッドに運び込まれた。
先ほどまで咥えさせていた体温計を受け取って、咲が呆れたような声を出す。
「熱、すごい出てるよ。無理して店の手伝いなんてしなくて良かったのに」
冷たい水で冷やしたタオルを満の額の上に乗せた。
「気持ちいい……ところで、熱? ……何、それ?」
「え? あ、そうか」
満たちは何でもできる――が、人間のことについて意外と知らない。
一度言えばすぐに覚えるので今はかなりの知識が身についているが、
たまにこのようにぽっかりと知らないこともあった。

「えーと、何て説明すればいいのかなあ? 満も私たちも、体温がある、よね。
 手に触ったりすると温かいし」
「うん」
「それで、その体温って大体いっつも同じくらいなんだけど、風邪引いたりすると
 その温度が上がるんだよ」
「どうして?」
「うっ……それは分からないナリ……」
「それで、そんな風に温度が上がると何か問題なの?」
「えーっと、それはつまり病気ってことだから。
 何の病気かは分からないけど、とにかく病気ってことだから、
 注意しないといけないナリ」
「病気?」
――私が? 何で? そんなはずないのに。
「満、どうかした?」
黙った満を気にして咲が声をかける。

満はしばらく躊躇っていた後、咲に話すことを決めた。
「私、病気になるはずなんてないんだけど……」
「どういうこと?」
「私も薫も、そんな風には作られてないってこと。ダークフォールの住人だもの。
 ……本来は」
「あ……」
本来は。その一言は満にとって重いものだった。
本来は、満はここにいるはずではない。
本来は、満はダークフォールにいるはずである。
本来なら、滅びの力によって泉を奪いとっているはずである。

「それなら、きっと満は人間に近づいてきたんだよ」
「え?」
あっけらかんとした咲の答えに満は驚く。
「こうやって緑の郷にいて、私たちと同じもの食べて、一緒にいて……って、
 そんな生活してるから、人間の体質に近づいてきたんじゃないかなあ?」
「そう……かな?」
「そうそう、きっとそうだよ。ところで、前から聞きたかったんだけど
 満たちってどこに住んでるの?」
「今は、空の泉よ……」
「あそこ!?」
「だって他にないじゃない」
「う〜、じゃあお家に帰って……ってわけにはいかないから
 薫が帰ってくるまでここで大人しく寝てた方がいいナリ」
「寝てた方がいいの?」
「うん、そのほうが早く治るよ」
「でも店は……」
「私がやるから、大丈夫だから。満は寝てて」
「……なら、そうする」
「じゃあ、たまに見に来るからね、タオルもその時交換するよ」
パタン、と音を立てて扉が閉まった。寝ていていい、と言われたのは正直
ありがたかった。
一人になってみると、改めて身体が熱くなっているのを感じる。
布団を被って満は身体を丸めた。どうにも、不快だ。早くこの病気に通りすぎて貰いたい。

"人間に近づいてきたんだよ"
――意外と面倒かも、人間って……
そんなことを思いつつ、少し真面目に考える。
もしも、自分や薫が本当に緑の郷の住人に近づいているのなら……、
ダークフォールから離れられるかもしれない。
そもそも、自分達がどうして緑の郷に戻ってきたのかもいまだに良く分かっては
いない。二人はなし崩し的に、今したいことをしているだけである。

――このままずっと、緑の郷の住人として生きられたら……
病気くらい我慢する。熱が出ても仕方ない。

ベッドから窓の外を見ると青空が広がっていた。薫もあの空を見ているだろうか。
緑の郷の住人になりかけた身体で。


「満、どんな?」
昼ごろ、咲が部屋に入ってきた。
「う……うん……あれ、もう……こんな時間?」
「ごめんね、起こしちゃった?」
「ううん、うとうとしてただけだから……」
咲は手に持った盆を脇に置く。丼が一つ乗っていた。
「お粥持ってきたけど、食べられそう?」
「お粥?」
「うん、お母さんが作ってくれた」
「――迷惑かけたわね」
「ううん、全然そんなこと気にすることないよ! 満はいっつもよく働いてくれるし、
 お母さんも心配してたよ」
「……」
満はタオルをベッドの傍らに置き、上体を起こそうとする。咲が軽く手を添えた。
「食べられそう?」
「ええ。……頂くわ」
ベッドの上に盆を置いてもらい、蓮華を手に取る。口に含んだお粥は少し熱くて、
水分を含んだ米は心地よかった。

「おいしい」
「良かった、食欲あるんなら安心だよ」
咲は満のことをにこにこと満面の笑みで見下ろしている。
「……でも、メロンパンも食べたいわ」
「――満?」
蓮華を何往復もさせながら満は呟く。
「毎日食べてるし、今日だけ食べないって言うのもなんだか……」
「あのね、消化にいいものがいいと思うよ、こういうときは」
「でも食べたいな……」
満は咲を見上げた。目を合わせ、ふっと笑う。
「ああもう分かったよ! じゃあ、お粥全部食べたら持って来てあげる!」
「ふふ。……咲は――」
「ん? 何?」
「なんでもない」
「ちょっと、気になるナリ!」
「本当に、大したことじゃないから。本当に」
咲は、単純だね。扱いやすいね。優しいね。
どれも本人に言うことではない気がして満は隠すことに決めた。

「え〜でも……」
「食べ終わったわよ、おいしかった、ご馳走さま」
「あ、全部食べられたね、えらいえらい」
「……メロンパンは?」
「持って来てあげるナリ」
盆を持って、咲は再び部屋を出た。……数分もしないうちに足音が帰ってくる。
「はい、これ。でも良く噛んで食べた方が」
「え?」
満はいつものようにパンにかぶりつこうとしていたが、やや躊躇した。
「良く噛んでって……その方がいいの?」
「いいよ」
「でも、口に入れたら多分すぐ飲み込んじゃう……」
「う〜ん、だったらこうするといいかもしれないナリ」
咲は満から一度メロンパンを受け取ると、細かくちぎり始めた。
パンがぼろぼろ崩れるのでお盆の上で作業する。

「こうやって、小さくして食べれば多少ましかも……満、口あけて」
「?」
素直に開けた満の口に咲がメロンパンの欠片を入れる。
「ん……」
「そう、それでゆっくり食べる」
「やっぱりメロンパンはおいしいわね」
「ああ、食欲は普通にあるんだね」
「もっと食べたいわ」
「今からあげる」
「ちょっと待って、ずっとこうやって食べるの?」
「やっぱりゆっくり食べた方がいいと思うし……それに満、何かの動物みたいで可愛い」
「咲。……私で楽しんでない?」
「え。そんなことは……」
――まあ、いっか……
満は今日のところは咲の提案に乗ることに決めた。身体がだるいし、ここで
言い争うのも面倒だ。
「……何してるの? 早く続きちょうだい」
「――えへへ。じゃあ、次のいくよ」


――雨、か。みのり達大丈夫かなあ……
午後になって突然夕立が降り始めた。遠出すると言っていたみのり達のことを考えながら
咲はそっと自室の扉を開ける。
満はぐっすりと眠っていた。

「満、タオル換えるよ」
小声で言っても、起きる様子はない。咲は新しいタオルに交換すると、
少しの間満を見ていた。
こうして見ていると普通の女の子と変わらない。
考えてみると咲は満のいろいろな表情を見ているのだ。転校してきた当時の
どこか付き合いにくいところから、ダークフォールの戦士として現れた時の
姿から、咲たちを守ろうとしてくれた時の顔から。
――でも、今の顔が一番好きだな……
穏やかに、平和に、幸せそうに寝ている満を見ながら咲はそう思った。

-------------------------------------------

「病気!? 満が!?」
帰ってきた薫はひどく驚いた。当然の反応だ、満はそんな風に考えた。
「うん、それでね、満と薫って病気になったことないって満が言ってたんだけど」
「そうよ。私たちにはあり得ない」
「だから、今夜はうちで満預かるよ。薫一人で看病って言っても大変でしょ? 
 ……よければ薫も泊まってく?」
「……それはさすがに悪いから。――満、お願いしてもいい? と、言うか……」
薫は満が横になっている咲のベッドの傍につっと近寄った。
「満、大丈夫なの?」
「うん、熱も大分下がったから」
「……」
答える満を見て、薫は微妙な表情を浮かべた。心配しているような、どこか
考え事をしているような、そんな表情。

「満を頼むわね、今夜……私はとても、看病なんてできないから……」
「うんうん、お任せナリ〜」
「薫お姉さんも泊まっていったらー?」
「そこまでは、できないわ」

-------------------------------------------

2時頃満は突然目を覚ました。
――今日はずっと寝てたんだものね……目も覚めるわ……
水でも貰おう、そう思ってベッドから起き上がる。
勝手知ったる他人の家、といったところで日向家の間取りは大体分かっていた。

「あ……」
咲がみのりの布団で一緒に寝ているのに気づいた。
――そうか、私が寝てるのが咲のベッドなんだっけ……
暑いのだろうか、布団を豪快に跳ね飛ばしていた。
おそらく、跳ね飛ばしたのは咲でみのりはそのとばっちりを受けているのだろう。
そんな風に思えた。

――仕方ないわね、もう。
苦笑しながら二人に布団をかける。

「お休み」
小声で言って、満は部屋を出た。


-完-

 ←押していただけると嬉しいです。



SS置き場へ戻る
indexへ戻る